純粋な釘

2022-01-13 (木) 05:49:04

基本情報 [編集]

(2.6時点)

純粋な釘純粋な釘*1
カテゴリ近距離武器
参照ステータスBrutality
レベルボーナスダメージアップ

入手場所 [編集]

牢獄にランダム配置される、パロディ部屋(セルの投入は不要で、部屋を調べるだけでアンロックされる)

性能・効果 [編集]

クリティカル条件上斬り・下斬りを当てる
レジェンダリー固有補正効果

通常攻撃の動作中に左右への移動ができる。
上や下に入力しながらの攻撃入力で、上斬り・下斬りができる。
空中で下斬りを敵や障害物に当てることで、自機が跳ね上がる。

チェイン特性 [編集]

(2.6時点)

通常攻撃 [編集]

段数通常クリティカル気絶補正準備待機硬直
145--n%0s0s0s
255--n%0s0s0s
合計100--0s

上斬り [編集]

段数通常クリティカル気絶補正準備待機硬直
1-600s0s0s
合計-60-1s

下斬り [編集]

段数通常クリティカル気絶補正準備待機硬直
1-800%0s0s0s
合計-80-1s

寸評 [編集]

『Hollow Knight』とのコラボ武器。
原作の操作とモーションを再現しており、DeadCellsの全武器で唯一、方向入力で攻撃動作が変わるという特徴を持つ。
機動力と当てやすさに優れた通常攻撃・圧倒的な対空性能を持つ上斬り・操作は難しいが火力と安全性を併せ持つ下斬り、これら三種の攻撃を使えるよくばりな武器。
ただし単発の火力は全体を通してやや控えめであり、ゴリ押しが難しい点も原作同様。モーションを使い分け、丁寧に攻撃を当て続けることを求められる。

通常攻撃は任意に移動しながら攻撃できるのが最大の特長。
性能自体も、中程度のリーチ・見た目以上に縦に広い攻撃範囲・極めて速い発生・均質な攻撃動作と扱いやすさの塊。
やはり攻撃しつつ動けるのはかなり有用で、実質的な間合いが広がる・危険からの離脱が速まる・悪臭を放つネズミのような低耐久ザコを蹴散らしながらの移動が円滑になるなど、多くの恩恵がある。
ただし使い勝手の分、火力とスタン性能は全モーション中最も低い。
中盤以降は相手の攻撃までに止める・倒しきることが難しくなってくるため、後述の下斬りバウンドで補おう。

上斬りは、武器では珍しい頭上への攻撃。カミカゼバズカッターといった空飛ぶ敵を簡単に倒せる。
クリティカル扱いで威力はやや高いが、振り間隔が通常攻撃より少し遅いため火力は同じくらい。とはいえ対空攻撃やすり抜け床の上への攻撃としては申し分ない。
見た目に反して持続がかなり長く範囲も広いので、雑な振り方でも当たる。
そして上斬りは、正面すぐ近くならば同じ高度の相手にも当たる。一見使い道がなさそうだが、地上の敵に当てると怯ませつつ浮かせて一部の攻撃を阻止することができる。通じる相手を覚えれば強引な攻めができるようになる。
これを利用すれば高セル帯の敵テレポートを半永久的に中断させられるのでハメ性能が高く、後述の下斬りをする天井の高さがない場合等の応用としても扱えるため非常に便利。

下斬りも、珍しい真下への攻撃。盾やソーニーのトゲといった、相手の向きに左右される要素も無視できる。
敵に当てることで、何度でも自機がバウンドするのが最大の特長。
敵と高度を合わせずに叩きつづけられるので、天井の高い場所ならば大半のザコを一方的に攻撃できる。ただしバウンド時には水平方向に自機がズレるので、連続バウンドには慣れが必要。
無理に連続して狙わずとも、下に進む過程で敵への初手に数発当てるだけで有用。あるいは、ジャンプで攻撃を避けてからの素早い反撃にも役立つ。
威力は通常攻撃よりもかなり高く、振り間隔もほぼ同等、そしてこの武器独自の安全性を持った立ち回りができるので、ぜひ下斬りバウンドを活かしたい。*2

 下斬りバウンドの注意・コツ

ちなみに、上斬り・下斬りは発生直後の瞬間なら別方向の攻撃でキャンセルできる。
例えば、地上で敵に密着してから「上斬り→キャンセル通常攻撃」とすることで火力を高められる。
なお「通常攻撃→ロールでキャンセル→通常攻撃でキャンセル」とすることで瞬時に通常攻撃を二回振れるが、これは一回目の攻撃判定が出ず、実益がない。

余談 [編集]

前進しながらの攻撃・上斬り下斬り・下斬りバウンド・密着時の上斬り正面当ては、いずれも原作『Hollow Knight』のシステム・動作を再現している。微妙なノックバックや軸がずれる点も原作どおりの動作である。
前進攻撃におけるやや大げさな脚の動きも原作の動きを再現したもので、原作主人公の"放浪者"は約二頭身だが、その動作を約五頭身のDeadCells主人公にやらせている。

下斬りでトゲなどの地形障害物を弾いてバウンドできるという点も原作どおり。
原作での寄り道や真ENDルートでは、トゲだらけの道を下斬りバウンド主体で進むことを求められ、作品のクソ要素印象深い難しさとして、しばしば語られる。

"釘(Nail)"というやや不思議な名前をしているが、原作において剣や槍に近い武器がこう呼ばれている。ムシたちが形成する文化を演出する一環で、武器のことを爪(Neil)と呼び、それが日本語ローカライズされたときに"釘"という言葉が充てられた。

入手部屋は、原作のチェックポイントにあたるベンチを再現している。そばにある街灯のデザインやベンチがまとうエフェクトも、原作通り。

フレーバーテキストの「わしの生涯の仕事はなされた…ほかになにが残っている…?」は、原作の武器強化担当"釘鍛冶"の心の声*3。いかにしてこのような心境に至ったかは、ぜひ原作にて。

一緒に追加されたスキン"器"は、この武器で10回下斬りバウンドをするとアンロックされる。
バウンドさえできればよいので場所や相手は何でもよく、訓練所内で敵を叩いたり、トゲ床の上で連打しているだけでも達成可能。

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 純粋な□ -- 2021-11-25 (木) 07:27:18
    • 「□駄天」の"韋"は明らかに常用外だから、文字化けも分かる。だが"釘"って、そうなのかな…? まあローカライズは大変だから許容はできる -- 2021-11-26 (金) 10:31:14
      • いや文字化けを気づいてて放置は論外でしょ。今は直ってるのか知らんけど、ダメなら翻訳から変えるなりしようぜ -- 2021-11-26 (金) 16:27:07
      • なんか1人でキレてすみません。 -- 2021-11-26 (金) 23:18:04
      • 防ぐのも直すのも結構難しいと思う。翻訳班に頼むとき、世界観やゲームシステム上の正しさを最優先にするだろうから、他のことまで伝えるのは大変だろう。そして開発の一部がテキスト表示の不具合(領域や改行位置、文字化け)に気づいても、翻訳班がもう離れていたら直しようがない。あるいはいくつも対応言語がある中で、気づくのも難しいだろうし。寛容にいきましょう -- 2021-11-28 (日) 17:33:12
      • トンチキさ・パロディもあるような武器群だから、文字化けも笑いのタネとして受け容れている -- 2021-11-28 (日) 17:35:33
  • コンシューマーアプデ待ち勢なんだけど、下斬りでトゲ床バウンドってできたりする? -- 2021-11-26 (金) 23:13:33
    • 罪人の道のトゲ床で試したらしっかりバウンドできました 今回のアプデ力入ってるなあ -- 2021-11-28 (日) 16:54:42
      • チャレンジリフトのゲーム性が変わるんではw -- 2021-11-28 (日) 17:18:20
  • 下斬りはソーニーの反撃も無視できる、ただし樹木園の場合は調子に乗ってるとバウンドしすぎて天井の棘に刺さるから注意 -- 2021-11-27 (土) 20:07:49
  • 誇りの印が欲しくなる(依存) -- 2021-11-30 (火) 23:53:59
  • これ攻撃しながらダイブアタック出来るね。あんま意味無いけど。 -- 2021-12-04 (土) 11:51:17
  • これにテルリックショックとなんか持ってなりきり放浪者とかやりたいけど復讐の魂とか亡霊の叫びっぽいスキルってあるかな -- 2021-12-04 (土) 13:55:20
    • 復讐の魂に似てるのは死のオーブくらいじゃないかな…?亡霊の叫びはパッと考えて思いつくものが見当たらなかった -- 2021-12-04 (土) 15:41:45
      • このゲーム「上に噴出する」っていう攻撃がほとんどないもんね。無理して挙げればテスラコイルくらい。 -- 2021-12-04 (土) 16:45:10
      • もういっそのこと全武器に上攻撃実装されんかな(無理) -- 2021-12-04 (土) 18:32:09
      • 噴出(?)するのは手だけど巨人の笛でひとつ... -- 2021-12-05 (日) 20:01:40
    • そうそうあとは上に伸びる雷撃の標尺とかかなーって思ったんだけど死のオーブも含めて全部色が違うって言うね…… -- 2021-12-04 (土) 17:06:11
      • 全ての装備がカラーレスにチェックを入れよう!実績なんて知らん! -- 2021-12-05 (日) 02:16:35
  • 王の手に対して下斬りで一定以上の高度維持できるとハメられるけども、どこかに書いてあるのだろうか -- 2021-12-04 (土) 23:35:59
    • ほんとに出来た。書いときます -- 2021-12-14 (火) 16:20:01
  • 正直「移動しながら攻撃できる」っていうポジティブさじゃなくて「前進しながら攻撃しないと互いにノックバックしちゃって連続で殴れねぇ」っていうネガティブな印象 -- 2021-12-13 (月) 20:51:50
    • 原作でもそうなんだよなぁ、便利なんだけど意外と取り回しが悪い、しかしセル君は他の武器でカバーできるからいいよね -- 2022-01-12 (水) 16:27:14
      • あれが手になじまなくて「重心安定」チャームを最後まで外せなかった思い出。 -- 2022-01-12 (水) 18:56:55
  • 王の手には上方向へのカウンター技を特別に実装してやってほしい… -- 2022-01-10 (月) 20:19:59
  • 横上と交互にタイミングよく繰り出すと素早く攻撃が出て出血でもなかなか使える上に道中が安全に攻略できるのもあってかなりの強武器だと勝手に思ってる。ナイフで出血マルチバインドにしても強い。 -- 2022-01-15 (土) 08:32:33