アルマジロパック

2022-06-03 (金) 20:51:21

変異

基本情報 [編集]

(2.5時点)

アルマジロパックアルマジロパック
参照ステータス生存

入手場所 [編集]

設計図ドロップ:ソーニー
所要セル数:

性能・効果 [編集]

ロールするとバックパック内の盾で敵の攻撃や投射物をパリィし、基礎ダメージの50%を与える(与ダメは生存ステータスにより増加)
この変異で近接攻撃のパリィに成功した場合、3秒間のクールタイムが発生する。
弾体やグレネードなど近接以外のパリィでクールタイムは発生しない。

寸評 [編集]

プライマリ・セカンダリ武器枠を空けたまま、盾パリィを使えるようになる。有効範囲は前方3キャラ分ほど。
片手武器での二刀流や両手武器を運用しながら、盾の防御/反撃性能の一部を得られ、安定感が大きく増す。
近接攻撃をパリィして攻撃を中断させ隙を作る・遠隔攻撃をパリィして反射でダメージを与える・爆発物などを弾き飛ばす、これらができることは立ち回りの幅を広げ難易度を下げる。

また前進するロールにパリィ判定が伴うため、静止しての盾構えよりパリィしやすいことが多い。パリィに失敗しても、ロールの無敵や移動で避ける保険もかけられる。あるいはロール回避を前提に、副次的にパリィを狙うこともできる。
横に広い範囲にパリィ判定を働かせるため、多数の敵爆弾を一動作でまとめて弾ける。例えば王の手の爆弾投げを何発もまとめて弾き飛ばし、さらに安全圏への離脱までロール一回でできる。こうした武器枠の盾にない強みもある。

ただし、武器枠で使う盾の完全な代わりには決してならない
この変異には近接パリィ時限定だが3秒のクールタイムがあるうえ、ロール自体にもクールタイムが存在するため連続しての発動はできない。ザコ複数やボス戦での連続攻撃に対しては、たとえ操作精度が完璧でもパリィしきれない。
また、盾を構え続けて守りを固めることができず、タイミングを外したときの直撃リスクが大きい。ロールの後隙やクールタイムも重なるので、攻撃のタイミングがよく分かっていない相手に運用するのは危険。
他にも、パリィ反撃のダメージが低かったり、パリィ成立後の隙が本来の盾パリィより長いなどの違いもある。

これらの欠点をきちんと心得ておけば、盾の強みを保ちつつ色々な武器の組み合わせを活用できるようになる。
生存ステータス値で変わるのはパリィ与ダメージだけなので、防御や盾の特殊効果目当てであれば暴虐・戦術ビルドで問題なく使えるのも嬉しい。
この変異と通常の盾装備を併用し、盤石の備えとするのも大いにアリ。

ステータスに関係ないパリィ関連の特殊効果を持つ盾を入れるとより有効。例えば…
防壁:定番。パリィ成功時の無敵時間はステータスに関係なく2秒得られる。
弾きの盾:ブロック不可能という性質は、この変異には無関係。敵の連射弾をまとめてお返しできる。
氷の盾:敵の団体をまとめて凍らせる。ザコの大群相手でも一発引っ掛けられれば形勢逆転。
雷の盾:パリィ成立で8秒間のしびれ効果が発生。歩くだけで近くのバットカミカゼを溶かすことができる。

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ローリング主体の立ち回りの保険として滅茶苦茶使い勝手良い
    特に遠距離武器使う時にこれ選ぶと滅茶苦茶安定する -- 2022-04-05 (火) 19:59:22
  • 洞穴行くならば必須だと思う。何故ならばレフェリーの置き土産も安全に対処できるし、グラウンドシェイカーも落石してきた時にローリングすれば簡単に倒せるから。 -- 2022-04-06 (水) 19:31:08
  • 近接をパリィしなければクールダウンは発生しないので、弾攻撃や爆弾を反射する手段として優秀。遠距離重量武器と組み合わせても良い感じに機能する。 -- 2022-05-21 (土) 08:32:01