Dead Cells 日本語攻略 Wiki

波動の刃

Last-modified: 2020-10-24 (土) 18:59:50

基本情報 [編集]

(1.3.9時点)

波動の刃波動の刃
カテゴリ近距離武器
参照ステータスBrutality Survival

入手場所 [編集]

設計図ドロップ: ボンバー (Rare)
所要セル数: 100

性能・効果 [編集]

チェインの初段・3段目を地上ないしは低空で振ると、地面に沿って衝撃波が短く飛び、触れた敵を2秒間位置固定状態にする。

チェイン特性 [編集]

(1.3.9時点)

段数通常クリティカル気絶補正準備待機硬直
160-+50%0.41s0s0.1s
260-0%0.25s0s0.05s
3130-+100%0.7s0s0.4s
合計250--1.91s

寸評 [編集]

1段目と3段目で、位置固定効果のある衝撃波を放つ。
衝撃波の当たり判定は見た目よりも大きく、こちらを補足し飛来してきたデーモンを撃ち落とすことも可能。また、膝丈程度の段差なら超えられ、盾持ちの敵も縛ることができる。
衝撃波の威力はかなり低いが、多段ヒットする。とはいえ結局たいしたダメージにはならないので、ダメージを稼ぐ際はしっかりと斬撃を当てることを意識しよう。

衝撃波の射程は1段目がロール1回分より少し長い程度、3段目はロール2回分ほどと、かなり遠くまで届く。
ただし1段目の「ロール1回分より微妙に長い」という射程は便利だが、なかなかの曲者でもある。
振った直後に、射程ギリギリのところで縛った相手めがけてロールをすると、敵の目前でロールが切れ、思いっきり無防備な隙を晒してしまう。
背面を取るつもりなら、必ず敵に少し歩み寄ってからロールを決めよう。拘束時間は十分に足りるはずだ。

斬撃は上下に判定があるため、カバーできる範囲は意外と広い。うまく合わせればやや高い位置で止まったバズカッターも対処できる。
一方で、重近接武器らしく1段目から挙動は重め。素早い敵には差し込まれることもあるので注意が必要。

1段目から斬り返すようなアクションの2段目は非常に軽快で、前隙・後隙ともにかなり短い。ただし相応に射程もやや短めで、衝撃波も発生しないという点は意識すること。
3段目の前隙は非常に長いが、1、2段目の2倍以上の威力があるので積極的に狙いたい。
1段目がヒットしていれば、背面に回って当てることもそう難しくはないだろう。

集団戦も得意で、衝撃波でまとめて安全に削ることができる。
ただし位置固定が決まっても、攻撃モーションは止まらない。こちらを向いたまま止まった相手や、遠距離持ちの有無を常に確認しておきたい。

これ一本で斬撃と位置固定の両方が扱えるため、変異の「氷の心」とは好相性。一撃が大きいスキルの回転率を大きく引き上げることが出来る。
たとえば巨人の笛で大ダメージを与えつつ、隙の少ない1、2段目で攻撃しCTを短縮すれば、クリティカルを持つ他武器と比べた際の火力の低さをある程度補うことが出来る。もちろん3段目まで攻撃できると尚良い。
また、クラッシャーとの相性も良好。位置固定を付与してからクラッシャーを設置することで、位置固定+速度低下でまず間違いなくクラッシャーの餌食にすることが出来る。特にスケールが進んでない序盤では頼れる火力となるはずだ。

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 1.2追加武器。 -- 2019-05-01 (水) 05:34:09
  • 1.3で威力45/45/100→60/60/130。 -- 2019-07-18 (木) 23:57:02
  • ボンバーがダイブする時に出す剣のオーラはこの剣そっくりな気がする。 -- 2020-04-08 (水) 09:22:37
  • 使いづらい……位置固定の時間もそんなにないし有効活用出来てない。何かいい組み合わせはないか。 -- 2020-10-04 (日) 00:21:54
  • 上のコメントした者だがフェイザーや光速との組み合わせはかなり良い。裏をとれば攻撃してくる敵も少ない。とはいえ多勢には弱いし光速は適切な位置どりも難しい。色違いだがスモークボムの方が安全にとれる。 -- 2020-10-24 (土) 10:51:55
  • この剣、生存の中では扱いやすい部類だけど、生存の中では火力が低いんだよなあ -- 2020-10-24 (土) 19:22:48