Dead Cells 日本語攻略 Wiki

狩猟者のグレネード

Last-modified: 2018-09-03 (月) 17:35:53 (101d)

Hunter's Grenade/狩猟者のグレネード Edit

概要 Edit

狩猟者のグレネード
狩猟者のグレネード
アンロック100 セル
入手先収集家
"Catch 'em all!"

狩猟者のグレネードは収集家収集家からアンロック後、牢獄の金の扉(7500ゴールド)の奥に必ず配置される特殊なグレネードである

このグレネードを使うことによって、まだ未取得の敵ドロップ設計図を簡単に手に入れることができるようになる

使用法 Edit

まず、この狩猟者のグレネードを、まだ取得していない設計図を持っている敵に当てる
どの敵がどの設計図を落とすかは通常モンスターの一覧を参照
既にその敵からドロップする設計図をすべて持っているとグレネードは地面に落ちるので拾っておく
まだ持っていない設計図をドロップする敵に当てた場合、その敵がエリート化する
そして、当てた狩猟者のグレネードは"Blueprint Extractor"となって地面に落ちるので必ず拾っておく

エリート化した敵の体力を40%未満になるまで減らすと、その敵に対してBlueprint Extractorが使えるようになる
そしてBlueprint Extractorをその敵に数秒間当て続けると、敵がまだ持っていない設計図へと変化する

注意点 Edit

Blueprint Extractorは効果が出るまで数秒間照射し続けないといけない
照射している間は無防備となるので、そのままだと対象のエリートはもちろんのこと、周りに湧くエリート・ルーテナントからも攻撃を受けてしまう
攻撃を受けるとBlueprint Extractorの照射が中断されてしまうため、これを使うときには氷の波動?アイスグレネード?を使って広範囲を凍結させておくといい

また、対象のエリートを倒してしまった場合は、手元に使い道のないBlueprint Extractorが残るのみなので、対象を殺してしまわないよう注意が必要である

ガーディアン・ナイトインペイラーなどの一部の敵は、エリート形態が設定されていないため、このグレネードを当てるとエリート・ゾンビに変化する。
設計図は本来のものをドロップするため実質的な問題はないが、初見では面食らうだろう。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 使用中の様子やBlueprint Extractorの画像は、自分がすでに使えない状態のために用意できていません・・・ -- kanateko 2018-02-18 (日) 05:36:56
  • 下にエリートがいてツタなどで上の足場に上った直後は、たまにエリートが動かない時あり。凍結手段がない時に重宝しました。ヴァージョンによって対策されるかも。 -- 死細胞? 2018-03-12 (月) 18:28:23
  • 厄介な相手は変異の第二の生を使うのもあり、確実に凍結が使える。照射可能な体力まで削っておく必要はあるけど。 -- 2018-07-26 (木) 14:21:51
  • 段差の上から下へ飛び降りながら照射を始めると時間が稼げるので成功しやすい。 -- 2018-08-14 (火) 16:18:40
  • ガーディアンナイトに狩グレ使うとエリートゾンビになるな。エリート形態がないのか。。 -- 2018-08-26 (日) 03:21:22
  • どこにあるかすら分からん… -- 2018-08-31 (金) 21:44:57
  • ”アンロック後、牢獄の金の扉(7500ゴールド)の奥に必ず配置される“ 見当たらないんだけど、牢屋のどこにあるの? -- 2018-09-03 (月) 12:47:53
    • ランダム生成される範囲のどこか、なのでどこにあると訊かれてもなぁ -- 2018-09-03 (月) 13:01:02
お名前: