SCUM 日本語攻略 Wiki

初心者ガイド

Last-modified: 2018-11-18 (日) 06:51:48

初心者ガイド [編集]

目次[表示]

キャラクリエイト編 [編集]

サバイバル編 [編集]

ゲームが始まると着の身着のままで突然草原へと放り出される
まずは生き延びる術を身に着けよう

1. 道具を作る [編集]

まずはStone Knife(石のナイフ)という道具が必要になるのでクラフトする
詳しいクラフト画面の操作方法に関してはクラフトを参照

Stone Knife
素材Stone x2
or
Small Stone x2
説明枝を切る、布を切るなど様々なアクションに必要となる道具
石を探す
  1. 石を探す
    1. まずは地面を見ながら適当に走り、石の塊を探して近くまで行く
    2. 照準が手のひらのマークに変わり"Search for Rocks"と表示されたらインタラクトする
    3. アクションが終わると周辺にSmall StoneもしくはStoneが生成される
      このとき2つ以上の石が生成されなかった場合は別の石の塊を探しに行く
    4. Tabメニューからインベントリ画面を開き、左端のVicinity(周辺)欄に必要な素材があることを確認したら次の工程へ
       
  2. Stone Knifeをクラフトする
    1. Tabメニューからクラフト画面を開き、画面右側のTool and Weapons欄の左上にあるStone Knifeをクリックする
    2. 素材が周囲にある状態なら右下のCRAFTボタンが黄色くなっているのでクリックする
    3. アクション時間が終わればStone Knifeの完成!
      ※このときクラフトしたStone Knifeは地面の上に生成されるため、忘れずに拾っておくこと

このStone Knifeが序盤ではクラフトの要となるため常に持っておきたいところ
余裕があればStone Knife作成後にStone Axeもクラフトしておくと後々素材集めが楽になる

2. バックパックを作る [編集]

Improvised Courier Backpack
素材Rags*1 x3
and
Improvised Rope x1
and
Stone Knife
説明簡単に作れる小さなバックパック

※特に急いで拡張する必要を感じない場合はPuppetを倒してから作ればOK

Stone Knifeを作ったら、次はインベントリ拡張のためにImprovised Courier Backpackをクラフトする

  1. Rags(ぼろ布)を手に入れる
    1. まずはインベントリ画面を開き、画面右側にあるGear欄から現在着用しているInmate Shirtをクリックして選択、同様にStone Knifeもクリックして選択する
    2. 2つのアイテムを選択したら、Stone Knifeの上で右クリック、メニューから"Cut Into Rags"を選択する
    3. アクションが終了するとRagsRag Stripesが生成される
    4. シャツを分解し終わったら、同様にしてInmate PantsもRagsとRag Stripesに変換する
    5. この時点でRagsが3つ、Rag Stripesが5つあれば次の工程へ
      Rag Stripesが足りない場合は余分なRagsを切ってRag Stripesを作成する
       
  2. Improvised Rope(即席のロープ)をクラフトする
    作成したRag Stripes5つとStone Knifeを選択し、右クリックのメニューからImprovised Ropeをクラフトする
     
  3. Improvised Courier Backpackをクラフトする
    1. ロープをクラフトできたら、最後にRags3つとImprovised Rope、Stone Knifeを選択してImprovised Courier Backpackをクラフトする
    2. 完成したバックパックをGear欄に装備すれば完了!

このバックパックは3x3マスのスロットを持ち、10kgの重量まで持てる性能を有しているため、初期の囚人服によほどこだわりがなければこのバックパックを持っておいたほうが役に立つ

3. 武器を作る [編集]

Improvided Wooden Spear
素材Long Wooden Stick x1
and
Stone Knife x1
説明枝を削って作る即席の槍
左クリック長押しで構えて投げることができる

次は敵と戦うための武器を作成する
ここで最も簡単に作成できるのがImprovised Wooden Spear(即席の木の槍)だ
この武器さえあれば後述するPuppetを比較的簡単に倒すことができる。投擲後も回収可能な為コスパも良い。

茂み
  1. 背の低い木を探す
    1. まずはStone Knifeを持った状態で、背の低い木を探す
    2. 背の低い木に近づくと"Cut"と表示されるのでインタラクトする
    3. アクションが終わるとSmall Wooden StickもしくはLong Wooden Stickが周辺に生成される
    4. 今回はLong Wooden Stickが必要になるので、インベントリのVicinity欄にそれが確認できたら次の工程へ
       
  2. Improvised Wooden Spearをクラフトする
    1. Stone Knifeと同じ要領で、クラフト画面からImprovised Wooden Spearを選択し、CRAFTボタンを押す
    2. 完成した槍はインベントリ画面右上のHolsters欄もしくは右下のHands欄に装備できるので、忘れずに装備しておく

4. 食料・装備品を手に入れる [編集]

Puppet
Puppet
説明所謂ゾンビ
建物の周辺に多くいる
ドロップ装備品、アイテム、肉

武器を手に入れたら、次は装備品の充実を狙っていく
装備品を集めるにはPuppetと呼ばれるゾンビを倒すのが手っ取り早く、彼らを倒すとついでに食料も調達できる

※バージョンアップにより、ゾンビから肉が手に入らなくなりました。

倒し方は至って簡単、先ほど作成した木の槍を投げて頭(付近)に突き刺すだけ
もし一撃で仕留められなくても一匹だけなら落ち着いて素手で殴っていれば倒すことができる
Puppetの攻撃方法は殴りかかってくるのみで、小走り以上の速度で後ろに下がるかしゃがむことで当たらなくなる

装備品
Puppetは様々な衣服を着用しており、中にはスロット数を多く持つものもある
バックパックを作っていれば裸同然になっているため、Puppetを倒して衣服を手に入れよう

アイテム
Puppetはたまにライターやビタミン剤といったアイテムを持っていることがある
特にライターは火をおこす上で必要になるアイテムのひとつなので、見つけたらしっかりと拾っておこう

Puppetをバラバラに分解する

食料
刃物を所持していれば、倒したPuppetは調べて衣服を剥ぎ取ったあとに分解することができる
カーソルを合わせ、"Chop"と表示されていればバラバラに分解可能

分解したPuppetは胴体内臓に分かれ、そのうち胴体は更に分解することが可能
分解した胴体などはHuman Steak(人肉)、Fat(脂肪)、Bone(骨)の3つに分かれ、Human Steakを焼いて食べれば食料には困らない (ただしこればかり食べると栄養が偏る)

5. 火をおこす [編集]

Improvised Fireplace
素材Small Wooden Stick x5
and
Rags x1
説明簡易的な焚き火
上記以外の素材の組み合わせもいくつかある
火をつける道具がセットで必要
焚き火と調理

Puppetから装備品と食料を調達したら次は火をおこして肉を調理する

  1. 火をおこすための道具を手に入れる
    まず焚き火をクラフトする前に火をおこすための道具を持っておく必要がある
    火をおこすための道具はLighter, Flint and Steel, Fire Drill (要: SurvivalスキルBasic)などがある
    LighterとFlint and SteelはPuppetからのドロップ、もしくは建物を探索することで発見できる
    Fire Drillはクラフトアイテムだが、INTのSurvivalスキルをBasic以上に上げていないとクラフト不可能なので注意
     
    Small Skewer with Meat
    素材Long Wooden Stick x1
    and
    Meat x3
    説明肉3つで作る串刺し肉
    Hands欄に装備して持ち運び可能
  2. Improvised Fireplaceをクラフトする
    1. 素材の組み合わせはいくつかあるが、右の組み合わせが最も簡単だと思われる
      注意点として、焚き火はクラフトした場所にそのまま設置されるので、設置場所を選びたい場合はWooden Stickを複数選択して右クリックのメニューから"Craft Bundle of Wooden Stick"を選択、できた枝の束をHands欄に装備して好きな場所まで持っていくといい
    2. 焚き火が設置できたら、インベントリ画面で焚き火と着火用アイテムを選択し、右クリックのメニューから"Light Fire"を選択する
      (雨が降っている場合は火種/Tinderが必要?)
       
  3. Small Skewer with Meatをクラフトする
    1. 右の通りの素材を使い、串刺し肉をクラフトする
      肉はなんの肉でも構わないし、Fatも使用できる
      また、肉が5つ以上ある場合にはより大きいSkewer with Meatもクラフト可能
    2. クラフトできたらインベントリ画面で串刺し肉と焚き火を選択し、右クリックのメニューから"Cook"を選択する
      これで焚き火を使った串焼き肉の完成!

ちなみに水分に関してはマップ上の川から直接飲んだり、街にあるポンプから水を汲み上げて飲むことが可能

体調管理編 [編集]

アイテム探し編 [編集]

1.マップを開こう [編集]

Mを押すことでマップが開くことができる。
現在地は青い矢印で表示されているが、とても分かり辛いのでマップを開いたままぐるぐる視点を動かして場所を確認しよう。

2.オレンジの場所へ向かおう [編集]

マップ上に表示されているオレンジの点は何か建物があることを指している。
建物にはシェルター、軍事施設、民家などがある。
大抵は民家なのだが、実は現状民家を漁るメリットがほとんどなく、シェルターや軍事施設でアイテムを集めることが最も効率が良い。
マップ上から建物の種類を区別することができないので、実際に行ってみるかマップなどを検索して最寄りのシェルターへ向かおう。
関連: マップ全体図

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • とりあえずサバイバル関連の初心者ガイドを作成しました。先にスキル振りに関してキャラクリ編を作るべきでしたね・・・。 -- kanateko 2018-09-03 (月) 01:29:08
  • 石はそこら辺の地面でF押せば「石を探す」って出るよ -- 2018-09-04 (火) 09:30:25
  • バックパックはRagsの代わりにDirty Rags 3つでも作れます。初期服にも一応ポケットがある上にRagsは怪我をした時に使えるので、バックパックに使ってしまうよりもとっておいたほうが良い気がしますね。 -- 2018-09-05 (水) 00:44:51
    • 私も同じ理由でバックパックはDirty Ragsを使う派ですね -- 2018-09-20 (木) 20:59:05
  • これ本当にあってる? -- 2018-09-05 (水) 19:19:47
    • 服を分解したら地面に落ちて拾えなくなったままなんだけど…… -- 2018-09-05 (水) 19:21:09
      • 別に拾わなくてもクラフトできるぞ -- 2018-09-05 (水) 21:45:22
    • 一応シングルプレイで確認してから発言してます -- 2018-09-06 (木) 12:13:32
  • 民家を漁るメリットとして庭先に畑がある家があるくらいか? -- 2018-09-08 (土) 13:07:15
  • 民家を漁って、服→Rags(布、包帯) -- 2018-09-09 (日) 06:15:59
    • それシェルターの服でよくね? -- 2018-09-09 (日) 23:28:59
  • 特定の弾を集めるならガレージでスクラップ集めたほうが効率は良い。初心者の範疇ではないかもしれないけど -- 2018-09-10 (月) 12:31:50
  • 最近始めたものです。アップデートによりPuppetの肉が取れなくなったということは、肉を食べたい場合は動物を狩るしかないということですか? -- 2020-05-20 (水) 15:00:18
    • 悪いことは言わないから他所のゲームに行ったほうがいい -- 2020-07-01 (水) 15:19:46