Dead Cells 日本語攻略 Wiki

レフトクロー・ライトクロー

Last-modified: 2020-03-08 (日) 13:17:23

基本情報 [編集]

2本でワンセットの特殊な武器。
レフトクローを装備すると、自動的にもう片方のメイン武器がライトクローになる。
強制的にメインスロットが両方埋まるため、盾を同時に装備することはできない。

(1.7時点)

レフトクロー
カテゴリ近距離武器
参照ステータスSurvival
レベルボーナスダメージアップ
ライトクロー
カテゴリ近距離武器
参照ステータスSurvival
レベルボーナスダメージアップ

入手場所 [編集]

設計図ドロップ:ママティック(1回目)
所要セル数: 100

性能・効果 [編集]

クリティカル条件ライト/レフトを交互に当てる
レジェンダリー固有補正効果

クリティカルの判定は「当たった後の数秒間」。当たったかどうかのみを参照するため、相手が同じである必要はない。
例えばバットをレフトで叩き落す→ほかの雑魚にライトを当ててクリティカルで粉砕、といった事も可能。

チェイン特性 [編集]

(1.7時点)

段数通常クリティカル気絶補正準備待機硬直
1
2
合計-

寸評 [編集]

ママティックの爪をそのまま武器として振り回す。攻撃範囲・破壊力もママティック級だが、振りも最遅クラス。
更に装備すると自動的にメインが両方埋まってしまうため、盾を扱えなくなるという致命的な欠点がある。
扱いこなすには相応の構成とかなりのプレイヤースキルを求められるが、克服すればエリートをも一撃で粉砕できる爽快感に病みつきになること請け合いだ。

レフトは縦振り、ライトに比べるとやや振りが早く、斜め上方向にも判定があるためちょっとした段差を超えて殴れる。バットカミカゼにも強い。
ライトは横振り。出は最遅クラスだが後隙はレフトよりやや短いため、振り抜いた後は素早い離脱が可能。
射程は電撃のムチと同等程度。敵を巻き込めば更に射程が伸びる。
その型破りな威力はクリティカルなしでも高火力武器の代表格であるパワーグレネードを凌ぎ、クリティカルを出そうものなら単発最高火力スキル「巨人の笛」の2.5倍近くまで跳ね上がる。

普段は比較的出の早いレフトで殴り、隙を見てライトのクリティカルで粉砕するのが基本の運用法。
エリート戦ではあらかじめ付近の雑魚にレフトを当てておけば、ライトのクリティカルで起こす間もなく一撃必殺できる。
またライトの振りの遅さを逆手に取って、テレポートなどで寄ってくる敵の軌道上に置いておくといった使い方も。特にほぼすべての敵がテレポートするようになるセル4以降では重要なテクニック。

敵を一撃で倒しきれない序盤は、スタンや速度低下系の補正効果付きのものがあると安定する。
レフトでも大抵の敵を一撃で倒せるようになったら、ボス対策に各種ダメージアップ付きを狙いたい。

遅さゆえに横槍を差し込まれがちなため、安全に振るにはサブスロットにウルフトラップアイスグレネードといった拘束手段が欲しい。盾代わりに氷の装甲を採用するのも手。
また生存ビルド非対応だがスモークボムで安全に先手を取ったり、カラスの足戦略的撤退でロールと同時に隙をつくるのも良い。
これらは氷の心との相性も良く、採用すれば更にテンポよく敵を粉砕できるだろう。

被弾が多いようならリカバリーを採用しよう。
ライトのクリティカルによる超火力オーバーキルをお見舞いすれば、減ったHPも一瞬で戻せる。
連続被弾が気になるならヴェンジェンスを取っても良い。被ダメージ減はステータスに関係なく恩恵を受けられる。

対ボスでは激しく動き回る膨眼の魔物時の守護者相手だとなかなか辛い。
こいつらのルートは避けるのが一番だが、どうしてもこの武器で倒したければウルフトラップはほぼ必須、拘束に耐性がつくまでに倒しきるのが理想。
トニック緊急回復の無敵時間でゴリ押すのも手だ。

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 盾を持てないからこそ相手の動きを見切る事に意識が向いた結果、初めてコンシェルジュをノーダメ攻略できた。ライトクローが見た目より判定強いから、少し近づいてレフト当てる→距離とってライトをギリギリで当てる。って戦法でゴリッゴリ削れた。ウルフトラップ持ってなかったけど、セル1とはいえ守護者も2〜3発の被弾で済んだしクリアまで突っ走れた。慣れると凄い楽しい -- 2020-03-01 (日) 03:44:43
  • ノーデスで時計塔まで行ったところでこれポロっと落ちて、攻撃力にモノ言わせて突き進んだらラスボスまで行ってちょっと萎えたwそこで初めて死んだけど -- 2020-03-02 (月) 00:03:27
  • この火力がないと生きてけなくなった -- 2020-03-03 (火) 12:45:27
  • もうこの武器じゃないとうまく立ち回れなくなってしまったし、この武器のおかげでベリハノーポーションで無事突破できた -- 2020-03-04 (水) 09:00:30
  • 実はレフトクローよりもライトクローの方が2フレームほど後隙が少ない。そのおかげでダメージ判定こそ遅いものの、初動からローリングキャンセルまでの時間であればヘヴィクロスよりライトクローの方が約5フレームも早かったりする。 -- 2020-03-07 (土) 15:31:22
  • 盾持ち不可能で難しい武器かと思ってたらコレでベリーハードを突破してる人もいて凄い ロマン武器だな -- 2020-03-07 (土) 17:36:55
  • 攻撃は最大の防御。出会い頭に瞬殺させれば被弾の数も減らせる。モーションが長いせいでボスがきついが、素早く動かない置物系のママティックや巨人なら比較的相性よく戦える。 -- 2020-03-08 (日) 12:36:16
  • 今更ながらこんな巨大な鎌を楽々(しかも2個持ちで!)振り回せる主人公君は凄いと思う -- 2020-03-08 (日) 17:37:28
  • カラーレスのこいつで初めて15000超えるダメージを出したときは声を出して笑った。相性ガン無視で守護者ボコせて気持ちがいい -- 2020-04-02 (木) 10:41:43
  • 武器の隙を考慮してもクリティカル判定が長い。超リーチのクリティカルで扉ごと叩っ斬られるのは敵側に同情してしまう程。 -- 2020-04-02 (木) 12:33:52