テスラコイル

2021-06-07 (月) 10:04:36

トラップ・タレット

基本情報 [編集]

(2.0.7時点)

テスラコイルテスラコイル
カテゴリトラップ・タレット
参照ステータスTactical
レベルボーナスダメージアップ

入手場所 [編集]

設計図ドロップ:リビングバレル
所要セル数: 40

 「狩猟者のグレネード」使用時のコツ

性能・効果 [編集]

(2.2.0時点)

ダメージ25DPS
クールダウン10s
耐久力150
追加効果15DPS相当の感電ダメージ
レジェンダリー固有補正効果
 2.0.7以前の性能

寸評 [編集]

素のダメージは低いが、広範囲の敵をまとめて攻撃できるタレット。
円状のエフェクトの範囲内にいる敵すべてに、継続してダメージと感電DoTを与え続ける。
単体の固い敵をこれだけで倒すのは厳しいが、敵の密度が高ければ高いほど相互作用によりDPSが跳ね上がる。
特に群れる敵の数が激増する高セル帯では、頼もしい相方となってくれるだろう。

弾体ではなく範囲攻撃であるため、タレット類でも突出して上空へのカバー能力が高い。
カミカゼはもちろん、バズカッターなどの耐久力のある飛行モンスターも殲滅できるため、高BCバイオーム1~3の「上下混成の小物の大群」をコレひとつで対処できるのは大きい。

水場に投げ込めば、感電クリティカルとスタン効果でエリートだろうと完封できる。
唯一、スタン一切無効のスラマーには通らないが、こいつの出るルートはごく一部のため対策は容易。
またこのスキル自体が「油を撒き散らす」補正効果を持つことがあり、水場に投げてみたら一緒に油が広がって強化スタン無効…という事もあるので補正効果は見落とさないように。

攻撃範囲とオンライン範囲が短く、外に抜けられてしまうとさっぱり役に立たなくなるが、クールダウンは10秒と短いのでそれほど気にならない。
テンポよく再設置したければ狩猟者の本能など、短縮系の変異を絡めよう。

対ボスでは固定フィールドによりオンライン範囲の弱点がなくなる上、地味に高い耐久も活きる。
ただし攻撃範囲が固定な上に敵の数も限られる都合、相手によって得手不得手がはっきりと分かれる。
ママティック戦は相手の位置がほぼ固定、かつステージが水場なので、感電クリティカルが連続して高効率。
スケアクロウ戦はフィールドが狭く当てやすい。召喚対策にも使える。
巨人戦では中央に設置すれば両手と目玉がまとめて攻撃範囲に入り、ターゲットが複数あるので総合DOTも高め。完封のカギになるほど強力。
一方で横によく動く時の守護者などは空気化しやすいので再設置を意識するようにしたい。

少々クセはあるものの使い所の多い強力なタレット。だが、一番の難点は入手性の劣悪さ。
BCを下げて狩猟者のグレネード蒸留所に持ち込むくらいの覚悟が必要。

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 2.1で威力が下げられるとのこと(アルファ版では半分くらいの威力になったとか)。巨人をすごい勢いで溶かせるから便利だったんだがな -- 2020-12-13 (日) 10:28:24
  • ここまで弱体化する必要あったのか(涙)。確かに最狂タレットではあったけどよ。 -- 2021-02-22 (月) 01:27:59
  • さらに威力落とされるってよ(´・ω・`) 電撃ムチの感電DoTも弱体化するらしいし、ハメはやめろって事でしょうか -- 2021-06-13 (日) 14:45:51