Dead Cells 日本語攻略 Wiki

カニバル

Last-modified: 2021-05-13 (木) 08:02:47

カニバル

基本情報 [編集]

(1.2.10時点)

名前HPエリート出現
カニバル230Yes

行動 [編集]

(1.2.10時点)

モーション威力気絶耐性準備待機
jump19+80%0.5s1.6s
jump29+100%0.15s0s
jump312+100%0.3s0s
dodge-+100%0.1s1.5s
grenade5+0%0s0s

プレイヤーが同一の足場で近い位置にいるとき、その場に爆弾を置いてバックジャンプする。
近接攻撃は必ず初段→2段目→3段目のモーションで行う。

攻略等 [編集]

遠距離で構え、飛びかかり→小ジャンプ斬り→小ジャンプ斬りのコンボを見舞ってくる。
連撃が終わって反撃を試みる際には爆弾をその場に残してバックステップし、対処に追われる間に再び飛びかかってくる。
僅かな反撃のチャンスにあっても極めて高いHPとスタン耐性のおかげで後手必殺とはいかず、時間をかけた対応を余儀なくされる強敵。

基本的に、飛び込ませたところをパリィで往なしてから反撃するのが最安定。
盾もしくは、凍結なしでの対峙は基本的にオススメしない。また遠距離武器でもない限り、先手を取るのは悪手。
遠距離武器やグレネードで対抗する場合も、飛びかかりの射程に入っていないかを常に確認しておきたい。
特に硬直でとっさの離脱ができない武器を使う場合は、下手に先手を取るよりパリィを起点にした方が無難。

また、置きグレネードをパリィするとバックステップにちょうど刺さり、爆風の小ノックバックで続く飛びかかりを中断させられる。
大振りでない武器なら追撃も可能なので、余裕と自信があれば果敢に打って出よう。

ビルドの方向性等で盾を使えない場合は、飛びかかりを移動とロールでやり過ごした後に反撃していくのが良い。
大きく移動してくるのは最初の飛びかかりのみ。更に2段目の小ジャンプ斬りは向きを変えてこないため、裏回りで安全にやり過ごせる。
ただし、コンボ3段目の前にプレイヤーの方向へ向き直ってくるため、届かない距離はキープしておくこと。

集団に混じっていた場合は、飛び込み距離の長さからコイツだけ先走って近付いてくることがある。
他の敵と異なるタイミングで攻撃が飛んでくると回避手順が途端に難解になるため、セオリーどおり敵の数を安全に削ってから対峙するのが良い。

ちなみにスモークボムなどの透明化時に正面から近接攻撃すると、超反応でグレネードを設置される。
気を抜くと思わぬダメージを貰いかねないので注意したい。

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 1.2で行動パターン等は変化無しだが近接2段目と3段目の効果半径が1.8→2。初段すれ違いローリングから2段目で背中パックリの危険がちょっとだけ増えた。 -- 2019-05-02 (木) 18:44:48
  • 歯車を模した装飾がオシャレ。上級の兵士みたいな立ち位置なのだろう。 -- 2020-03-09 (月) 17:43:05
  • 攻撃前の構えがかっこいい -- 2020-04-19 (日) 19:20:19
  • アミュレットで透明状態で「半認知」状態になっても、なぜかグレネードを置いてくる事がある。これで透明化を破られると一撃あたり2400の超威力コンボで死が見える。 -- 2021-01-17 (日) 19:24:58
  • 何故か、近接2段目が空振りやすいのかダメージを受けないことがある -- 2021-03-14 (日) 22:35:38