Dead Cells 日本語攻略 Wiki

暗殺者のダガー

Last-modified: 2020-10-15 (木) 06:38:33

基本情報 [編集]

(1.5時点)

暗殺者のダガー暗殺者のダガー
カテゴリ近距離武器
参照ステータスBrutality Tactics
レベルボーナスダメージアップ

入手場所 [編集]

レベル内に配置: 罪人の道ステージ開始地点の上部
所要セル数: 30

性能・効果 [編集]

クリティカル条件背後から攻撃
レジェンダリー固有補正効果背後から攻撃した際のダメージ +15%

チェイン特性 [編集]

(1.1.10時点)

段数通常クリティカル気絶補正準備待機硬直
12060 (x3)-25%0.2s0s0s
23090 (x3)0%0.2s0s0.1s
合計50150 (x3)-0.5s

寸評 [編集]

素のDPSが低めでクリティカル時のDPSは高めという、クリティカルを積極的に狙う武器。
射程は短いが、隙も最短クラス。

敵の攻撃を前方ローリングで躱してすれ違い、振り向きざまに背中を切り刻み、気絶を取ってそのまま倒すという単純な運用が強い。
高低差があればダイブアタックで気絶を取ってから、あるいはスキルで動きを止めてからなど、活躍させられる状況も多い。敵の背後に瞬間移動するフェイザーとの組み合わせは言うまでもなく強力。
ただし後半ステージや高次周ほど敵密度が上がり、嫌らしい行動パターンを持つ敵が追加されるため、安全に背後を取って倒すためには相応の準備と状況判断が必要になる。

暴虐で運用する場合は変異:メレーと好相性。一方的に殴れる時間を手軽に増やせる。
戦術運用であれば、背面ロールと同時に速度低下を仕込める変異:カラスの足戦略的撤退あたりが候補となる。
また戦術なら相性の良いウルフトラップの威力が上がるのもポイント。

ちなみに前後の概念がない敵には、そもそもクリティカルが発生しない。
これに当てはまるのはスポーナープロテクターショッカーインペイラーマスカー膨眼の魔物巨人の7種。
またママティックは前後の概念こそあるものの、背面に回ることができない。
特にボス3種に関しては圧倒的に不利となるため、このルートを通る場合は事前に別の武器に持ち替えておきたい。

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • もう少しリーチがあればなと思う武器 -- 2019-11-02 (土) 17:15:02
    • フェイザー使ってから即振ると大きい敵には当たらない、なぜちょっと動くのだ -- 2019-11-02 (土) 17:16:26
  • いつまでお勧めにあるの、これ? -- 2019-12-20 (金) 00:00:18
    • 暗殺者のダガーは決して弱い武器ではないけど、おすすめ武器の情報は過去のバージョンの使用感でしかないし、ページを見た人がおすすめ以外は使いにくい、と勘違いのもとになるからいい加減直したほうがいいかも?と言うかバランス調整で弱い武器が無くなったから『おすすめ』ではなく、あのページを書き直すなら各武器のリストにメリット、デメリットを数行でまとめるくらいの物でいいかもしれない -- 2019-12-21 (土) 11:30:19
      • このゲームの雑魚は背後攻撃がないから「背中を取ることは有効」を初心者が学ぶのに有効な武器ではあると思うけどね -- 2020-01-14 (火) 22:17:44
      • 他にも個性のある便利な武器はたくさんあるのに、それを差し置いて暗殺者のダガーだけピックアップされ続けている事に対して言っているんだと思うよ。 -- 2020-01-15 (水) 09:53:26
  • 癖ないから俺は好きだけどなぁこれ  -- 2020-02-26 (水) 18:13:19