Dead Cells 日本語攻略 Wiki

吸血

Last-modified: 2020-07-22 (水) 06:13:29

パワー

基本情報 [編集]

(1.4.0時点)

吸血吸血
カテゴリパワー
参照ステータスBrutalitySurvival
レベルボーナスダメージ軽減

入手場所 [編集]

設計図ドロップ:インクイジター (Rare)
所要セル数: 45

性能・効果 [編集]

(1.9.7時点)

クールダウン30s
レジェンダリー固有補正効果

使用するとHP1となり、現在のHP+失われているHPの50%がラリー状態となる。
ラリー状態になるHP量は生存でスケールする。

 1.8.5以前の性能

寸評 [編集]

ラリー効果を任意に発動できる、極めてハイリスクなHP回復スキル。
積極的に攻めることでHPを回復できるが、使用時点で残HPが1になるため、敵の先制攻撃を貰うとそのまま死んでしまう。
防壁や「盾を作り出す」補正効果と組み合わせればいくらか安全にはなるが、無敵時間中はラリー効果の回復量が0.65倍されてしまうため、逆に減ったHPを取り戻しづらくなることも。

ラリー効果を最大限に活かすため、リカバリーと組み合わせての運用が基本。
またデッドインサイド採用時の回復ソースとしても優秀。

下手にある程度HPが残った状態で使ってしまうと、HPを取り戻しきる前にラリー効果が終了し、使用前よりHPが下がる可能性が非常に高い。
逆にもともと低HP状態で使う分には、HP1のリスクはさほど気にならないだろう。
またパワーグレネード巨人の笛のような、遠距離から瞬間的に高火力を出せるスキルとは好相性。初手で安全にHPを取り戻し、積極的に攻めることができる。

 1.8.5以前の寸評

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 王の手の雑魚呼びに使える? -- 2020-03-03 (火) 04:48:07
  • ​1.9.7にて性能変更。使用するとその時点での全HPと不足分の50%がすべてオレンジ色に変わり、ラリー効果を利用してHP回復を行うようになりました。問題点として使用した時点で残HPが1になる事と、変異「リカバリー」を持っていないとまともに回復できないことです。 -- 2020-07-05 (日) 13:16:23
    • ​ちなみに重近接武器かつ変異「リカバリー」無しでHPが50%残っているときに使用したら、HPの20%~30%回復した段階でラリー効果が終了しました。使うタイミングを間違えるとHPが減ります。 -- 2020-07-05 (日) 13:33:15